クレジットカードと利用とリボ払いの考え方

クレジットカードの利用ということでは、体験的に失敗したということがありました。それはリボ払いの利用ですが、金利などのことも十分に理解しての失敗なので参考になります。それは繰り上げ返済の可能性が殆どないのに、それを利用してしまったということですが、収入や貯蓄があったので、それを資産運用するために、運用資金の確保ということで、できるだけ買い物をリボ払いにしましたが、今から考えると、全て一括払いにしておけばよかったということでした。それは金額が多くなったので、金利分で余分に支払ったということです。また資産運用に失敗したので、結局はカードの利用の分だけ残ってしまったということでした。借金としてそれが残ってしまい、計算が狂ってしまったということですが、不確実な収入を当てにして、利用してはいけないという教訓です。

クレジットカードをうまく使いこなす

クレジットカードを持っているという方はとても多いと感じますが、持っているだけで使っていなかったり、使いたいけれどうまく使っていくことができないという方もいるのではないでしょうか。確かに、何枚も持ってはいるけれどどれがどれで、何に使ったのかも把握していないということは珍しくありません。しかしそれではせっかくのクレジットカードがとてももったいないです。うまく使えばとても便利に使いこなしていくことできるのです。まずメインカードを1枚決めて、それを中心にカードで支払えるものは支払うようにしましょう。それをすることによって支払い状況も把握できますし、その分のポイントがたまります。家計簿代わりにカードで支払うというのも、かしこい使い方の一つであったりもします。その分ポイントで他の買い物ができますので、とてもお得なのです。

クレジットカードのメリットとは?

クレジットカードの魅力・メリットはどんなところにあるのでしょうか。ここでは、いくつか列挙してみます。早速ではございますが、まず「信用が増す」ことが挙げられます。クレジットカードは使用すれば使用するだけ、社会的な信用度が増します。信用情報機関にデータとして残るためです。次に「現金の扱いが減る」こともメリットのひとつです。支払いを行うときにイチイチお金を数える必要もないですし、銀行にお金をおろしに行く手間もなくなります。その他、「ポイントが貯まる」ということも魅力・メリットとして挙げられます。光熱費や家賃などをクレジットカードを利用して支払っていれば、1年後にはかなりのポイントが貯まっているものです。QUOカードなど実用性のあるものに交換ができたり、ネットショップなどで現金のように使うことができたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です