クレジットカードと返済の選び方

クレジットカードでは、返済方法も重要になりますが、最近ではインターネットなどで簡単にショッピングが出来ますので、通販などを利用して、多くの商品を手に入れられます。特に忙しい人の場合には、スマホでも空いた時間にできますし、夜遅く仕事で疲れて帰ってきても、パソコンなどででもショッピングが出来ます。そのような面からも欠かせないのがクレジットカードですが、その時に金利を考えて、返済方法を決めるということも重要です。それは一括払いだと金利がつかないからです。支払いは1ヶ月ぐらい後になりますが、金利がつかないので、その分得をしています。しかしリボ払いなどでは、少額のショッピングでは気になりませんが、金額が多くなると、金利分がつくので、その分高額商品を購入したのと同じになるからです。その点も十分注意が必要です。

クレジットカードの特典

クレジットカードの便利なところで言うと、やはり手元に現金を持ち合わせていないときに、カード一枚でどんな金額でも限度額以内であれば、その場で支払うことができるということでしょう。そして、例えば、10500円の支払いの場合、全額カード払いではなくても、500円だけは現金で支払っておいて、残り1000円をカードで支払うこともできますから、そのときの自分の財布との相談もできるわけです。購入場所によっては、カード支払いができないところもありますから、そこだけ確認をしておきましょう。クレジットカードには、○円から○ポイント貯まります。と、ポイント還元してくれる会社もありますから、同じ支払いなのに便利に有効に使える特典も魅力のひとつと言えるでしょう。貯まったポイントでまたさらにお買い物ができますから、お得です。

クレジットカードと返済のポイント

クレジットカードでは、返済方法をうまく使うということですが、その前に使うポイントでは、クレジットカードでの利用限度額があるのですが、それを基準にするのではなく、自分で毎月いくらまで利用できるかという、自分の利用限度額を決めておくということが重要です。またそれは簡単に決められます。収入が決まっているからで、引き算でできます。毎月の家賃や生活費などの支払いなどの必要経費を、月収から引いておきます。この時に年収からではなく、月収から引いておくということがポイントです。年収を12等分するのではなく、月収の中からの計算にします。そうするとボーナスなどの臨時収入を余裕資金に回せるからで、赤字補填に使わなくてすむからです。そうすると後はどのくらい使えるかを計算できます。子供でも出来る計算なので、それを具体的な数字で出しておくということが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です